SMBCモビットにネットから申し込む方法は?

SMBCモビットをネットで申し込みすると?

SMBCモビット申し込みは手軽にできるのが大きな魅力です。パソコンのインターネット回線を利用すればほとんどの作業を自宅にいながら行っていくことが可能です。

 

ただ、いくら手軽にできるとはいえ、融資を行う以上しっかりとした手続きが求められます。SMBCモビットの融資限度額は800万円。

 

この金額からも申し込みからカード発行まで滞りなく行っていくことを求められていることが窺えます。

 

ではパソコンでSMBCモビット申し込みを行う場合にはどういった手順が必要になるのでしょうか。まずインターネットで SMBCモビット【公式サイト】 を訪れます。

 

そして画面上の右上にある「カード申込」のボタンをクリックし、必要事項を記載していきます。名前、性別、生年月日、メールアドレス、その他勤務先の情報、就業形態、契約希望額、利用目的などの記載が求められます。そして最終的に同意事項に合意したうえで送信することになります。

 

SMBCモビットの魅力のひとつはスピーディーな手続き。

 

10秒簡易審査で結果は出ますし、本審査も最短で結果がでます。審査の経過を照会することもできますし、結果はメールか電話で教えてもらえます。

 

なお、審査の最短は月〜金曜日の19時までに申し込んだ場合のもので、土日祝日の場合にはやや遅くなるので注意しましょう。

 

無事審査をクリアすることができたらSMBCモビットへの会員登録を行います。

 

その際にはカードをどのように受け取ることになるのか、その方法を選択することも可能です。郵送で送ってもらうこともできますし、無人契約機で発行してもらうことも可能です。

 

できるだけ早く融資を受けたい、という人は無人契約機がお勧めです。この段階で予約番号を教えてもらい、それを元に無人契約機で手続きを行うことでその場でカードの発行を受けることができます。

 

SMBCモビット申し込みはカード発行で終わるわけではありません。

 

会員登録の後、SMBCモビットから入会申込書などの書類が送られてきます。

 

会員規約や案内なども含まれていますから、それらからサービスの内容を改めて詳しくチェックし、問題ないと判断したら申し込み用紙に必要事項を記入、さらに身分証明書や収入証明書の写しを添付してSMBCモビットへ返送することになります。

 

なお返信用の封筒も同封されているので面倒は一切ありません。

 

こうしてみるととくに面倒なことはないでしょう。申し込む曜日や日時によっては即日融資も可能です。すぐにでもお金を用意したい人、複数の借り入れを一本化したい人などにSMBCモビットは役立ってくれるはずです。

 

SMBCモビットへの申し込みを検討している人はまずこうした手順を把握することで面倒をさらに省くことができるでしょう。


急ぎの融資におすすめのSMBCモビットカードローンはこちら

モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】
モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】
モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】
モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】
モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】

モビットネット申し込み?審査後の本人確認は【郵送or自動契約機で】記事一覧

SMBCモビット申し込みを行う際、非常に大きな魅力となるのが無人契約機の存在です。店頭の窓口で申し込みを行わず、機械を相手に手続きを行うことでカードの発行・融資を受けることができるのです。カードローンを利用したいけれども近くに店舗がない、あるいは他の人に店舗に訪れるのを見られるのが気になる、といった事情を抱えている人にとって非常に魅力的な選択肢となるはずです。ではそんな無人契約機でSMBCモビット...

SMBCモビット申し込みはインターネット、携帯電話、スマートフォンから行うことができます。これらの端末や回線はいまや誰もが利用しているといってもよいものですから、最初の選択肢となるでしょう。しかし、これらを利用していない人もいます。また、直接スタッフと話しながら話を進めた方が安心できるという人も少なくありません。とくに高齢者にはその傾向が見られます。そのためSMBCモビットでは電話からの申し込みに...

SMBCモビット申し込みはインターネットを利用すれば非常に手軽に、迅速に行うことができます。公式サイトでのその使い勝手のよさがアピールされています。ネットを利用して申し込めば面倒を省くことができるだけでなく、できるだけ早く融資を受けることもできます。しかし、インターネットを利用していない人には当然のことながら申し込むことができません。そのため高齢者をはじめとしたネットを使用していない層に対しては郵...